がん予防

Con te

がん予防について、友だちにお知らせしたら好評だったので、あなたにもお知らせです。

1990年にアメリカ国立がん研究所が、植物性食品成分によるがん予防計画「デザイナーフーズプログラム」を発表しました。

毒性を示さず発がんを抑制するものは、ビタミン、ハーブ、スパイスなどがあります。

この概念図は、ビラミッド型になっていて、3つに分かれています。

頂点の食べ物は、にんにく、キャベツ、カンゾウ、大豆、しょうが、せり科植物(にんじん、セロリ、パースニック)

2番目のグループは、タマネギ、茶、ターメリック、玄米、全粒小麦、亜麻、柑橘類(オレンジ、レモン、グレープフルーツ)、ナス科(トマト、ナス、ピーマン)、アブラナ科植物(ブロッコリー、カリフラワー、芽キャベツ)

3番目のグループは、メロン、バジル、タラゴン、えん麦、ハッカ、オレガノ、キュウリ、タイム、あさつき、ローズマリー、セージ、ジャガイモ、大麦、ベリー

これはアメリカで作られたので馴染みのない食品も並んでいますが、これらの有効成分は、ポリフェノール類、カロテノイド、含流化合物などです。

ピラミッドの上部にある方が、がん予防効果があるとされています。

日本では、ブロッコリーの芽のスルフォラファン、温州みかんのクリプトキサンチン、舞茸のベーターグルカンなどは発ガン抑制食品として話題になりました。

スーパーによりスルフォラファンのコーナーを作っているところもあります。

温州みかんは、がん抑制物質を含みビタミンCもありますが昔ほど食べられなくなり残念です。

ゴミ焼却場の方が、昔はミカンの黄色いゴミがたくさん目立ったと言われていました。

茸類も良いですが放射能汚染のないものを選びましょう。

アメリカではがん予防のために、野菜を一日に5皿食べようと(5dishes a day)言われています。

野菜、果物、ハープ、穀類などの植物性食品が重要な意味を持っているんですね。

ハーバルセラピスト Trota

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください