セルフィックペインティングを観て・・・(参加者の体験)

27日に行なわれた「セルフィックペインティングを観る会&プラノテラピー体験会」について、当日の様子などトロータから、レポートが届きましたのでご紹介します。


横浜「セルフィックペインティングを観る会」へのご参加ありがとうございました。

観る会の前後にプラノテラピー体験会をはさみ、9人の参加で行ないました。

ロンドンから一時帰国をしていた方もいらして、和やかなうちに自己紹介へと進み、絵とタイトルの詩を確認して、ブラックライトでセルフィックペインティングを観ました。

それから明るくしてそれぞれ選んだセルフィックペインティングを20分間観ました。

「星を産む花」の絵を見ていた人は次のようなシェアーをされました。

「宇宙の始まり…生命の誕生…みんなここを通って来る。星も物も生命も宇宙も存在する。これはみんな同じ。インフレーション宇宙。ビックバン。エネルギーのトンネル…ぽっと生まれる様子…無ではなく有の世界。存在する、そのことがどういうことか。みんな忘れている…」

普段の生活では忘れていますが、私たちがここに存在する不思議。

なぜ、何のために存在するのか。

このポイントで出会い、みんなでセルフィックペインティングを観つめている…この不思議…。

……私は以前の過去生リサーチの体験を思い出しました。生まれる前に戻って母親のお腹にいるとき、この物質の世界に生まれるのが嬉しくてたまらない赤ん坊の私がいました。物質の世界で人生を体験できる喜びに溢れていた……存在して、ここに生きていること。

最後に全員で今度はブラックライトで「星を産む花」を観ました。

セルフィックペインティングが次第に変わっていく様子を観ながら沈黙の中で見つめ続けました。

プラーナのエネルギーと8枚のセルフィックペインティングで特別な空間を作り出していたようでした。

何も感じられなくてもOKです。

私たちの感覚はあまり使っていないので錆ついていることもあります。

また、優れた特性は過去生から持ってきたギフトのこともありますから、人それぞれです。

避けたいことは頭を使った解釈や分析。これは交流ではないですね。

セルフィックペインティングとみなさんとで作り出した観る会、ありがとうございました。

Trota

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください