セルフィックペインティング

Con te

ダマヌールの創立者であるファルコ・タラッサコは、それはそれはたくさんのセルフィック・ペインティング(セルフィックな絵画)を描きました。

セルフィックペインティングは、セルフ学の研究成果によって、より高度なこの科学の原理を適用させることが可能となり、生まれました。

セルフィカの特徴である‟賢さ”のあるサトルなエネルギーを、絵画の中で二次元的に表現されている文字やシンボル、色を介して利用します。

ファルコ・タラッサコのセルフィックペインティングは、セルフ学で用いられる金属類がそれぞれ特別な色に置き換えられます。

セルフィック・ペインティングは、色、型、図式、サーキット、遥か古代で用いられていた文字に由来する文字や象徴、によって構成されています。

”同類は同類につながる”という法則によって、セルフィック・ペインティングを注意深く観る人の内面にある同様の文字や象徴を刺激し、活性化しまったり、感覚や直感が拡がったり、内面に眠っている潜在力を目覚めさせることにつながります。

それぞれの絵画につけられているタイトルは、それぞれの絵が持つ主要な機能を表しています。

では、1枚、ご紹介します。(クリックで拡大されます)

selficpaintingこちらの絵のタイトルは

 

マジックな思考の天秤。

存在と現実のバランス、

サトルなバランス、

あなたを構成する錬金術的な花の存在・・・

命の道、

濃くて、神秘的で、

より輝く夢を実現することに導く。

純粋な望みと防御、

私は、あなたの目の中に新しい光を灯す。

 

太字の部分が、タイトルです。

タイトルといっても、これはもう、「詩」ですね。

なお、ダマヌールのセルフィック・ペインティングのギャラリーでは、ファルコ・タラッサコの作品をゆっくり時間をかけて観察し、体験できます。

来春、ダマヌール現地体験セミナーを行う予定です。

是非、ダマヌールに行かれた際は、観て、感じてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください