木曽ヒノキ1000本!

Con te !

今日は、再び、活性化の様子です。木曽に行きました。以下、そのレポートです!

夏休み真っ只中、気温が30度を越える毎日が続く8月3日。ダマヌール日本のメンバー、5名は木曽の赤沢自然休養林へ活性化に出かけました。

台風の迫るこの日、天気はあいにくの曇天、必殺猛暑でなかったことに感謝しながら、手入れの行き届いた山の中に入っていきます。

標高1080m以上のヒノキ林、そこはまるで別天地。「涼しい」「いい香り」緑のシャワーを浴びて、皆の顔に生気が蘇ってくるようです。森林浴効果をもたらすフィトンチッド満載、頬を撫でる涼風が、アスファルトの暑さで疲れきった心と身体をそっと癒してくれます。

赤沢美林マップを頼りにふた手に分かれて、それぞれ山道を活性化をしながら廻ります。

山には平均300年以上の木曽五木であるヒノキ、サワラ、ネズコ、アスナロ、コウヤマキといった、伊勢神宮備林にもなっている木々が茂り、今では国家的な財産とも言えるこの地を活性化できることに喜びが満ちてきます。

木曽ヒノキは、平安時代から広く知られ、伏見城などの城を建てる材料としても利用され、江戸時代に各地で城下町が繁栄するようになると大量に切り出され使われるようになりました。その結果、山が大変荒れてしまい、木々が少なくなったことがあるそうです。そこで木曽の山を管理していた尾張藩は【木一本、首一つ】という厳しいおふれを出して伐採を禁止、留山制度で木を守ることにしました。その甲斐あって、このような自然に芽生えた木々が生い茂る立派な木曽の山となったわけです。

前日まで体調不良だったメンバーも新鮮で中身の濃い酸素を胸いっぱいに深呼吸したら元気ハツラツ、10本、20本、数百本~と頑張ります。途中、たしかに雨音が聞こえたのですが、よく成長した森林では、背丈も高く生い茂っているので、一粒の雨も我々の体を濡らしません。一日中、快適に数が伸ばせました。

そして、この日最後に5人の巨木数カウントを合計したらピッタリ1000本!となりました。(Z)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください