カテゴリー別アーカイブ: セミナー

ミニ講演会が終わり・・・

Con te!

7月12日、14時~16時、自由が丘のアンジェリで「未来への光 持続可能な社会 コミュニティー」と題して行なわれたミニセミナーが終了しました。                    0712

講師はフェニーチェ・フェルチェ、日本語訳はジュゴン・クスノキ。

ダマヌールの映像を見ながら、みなさん熱心に説明に聞き入り質問も多く出されました。
惰性を脱し変わり続けるためには、楽観主義、ユーモアーのセンス、創造力…私達は宇宙に一つしかないかけら、命なんですね…。

希望者にはグループヒーリングも行なわれ、みなさんの清々しい笑顔が美しかったです。タロットリーディングも終了時には、爽やかなお顔で部屋から出て来られ、きっと良きアドバイスをもらったのだと思いました。参加されたみなさん、アンジェリさん、ありがとうございました! (Tr)

さあ、明日13日は、横浜でワンデイセミナー!

 

「魂」を語る

CON TE

7月13日(日)のワンディセミナー「魂の構造とパーソナリティー」が、横浜市神奈川区のタウンニュースに掲載されました。(クリックで拡大されます)           townnews実際に現代でもチベット仏教では、生まれ変わりによるダライ・ラマを継承しており、ダライ・ラマが没すると僧たちにより、新しいダライ・ラマが生まれる地域や特徴が予言され、生まれ変わった子供を捜すことが行なわれています。

また、心の安らぎをえるため終末医療では魂は永遠の存在だとする考えも珍しくありません。では、本当に生まれ変わりがあり、魂は永遠のものなのでしょうか? 人はどう生きたら良いのでしょうか?

ダマヌールでは古代文明の叡智を元に、数々の実験、検証を得てもたらされた魂に関する知識があり、それらは広く公開して人生をより良く生きるための指針にして欲しいと願っています。

人生で悩んでいる人も家族や友人を亡くした人も、ぜひ参加して欲しいセミナーです。(T)

「魂の構造とパーソナリティー」

日時: 2014年7月13日(日)午前10時~午後6時まで(昼休みあり)
場所: 銀太郎会館、そと階段上がる JR東神奈川駅下車8分、京急神奈川新町駅下車3分。

参加費:2万円

申し込み:

■ダマヌール神戸センター damanhur-kobe@s5.dion.ne.jp Tel・Fax/  0798・23・9161

■ダマヌール日本 damanhur@cty-net.com

■ 銀太郎会館  Fax / 045・441・2019

タイムトラベル

CON TE

今日は、「タイムトラベル」のお話。タイムトラベル……この言葉から何を連想するでしょうか? それは、SF小説や映画の中だけの物語でしょうか?
実は、ダマヌールでは、さまざまな調査研究のためにタイムトラベルを行なってきたんです。ダマヌールに行って、実際にこの目で見たタイムトラベルの装置は、映画にでてくるような自動車型ではありませんでした。
「えっ、これ?」と思いました。時間は、過去から未来へと時間が流れていると、一般には考えられていますね。で、そう考えると、その中を進むなら自動車型という想像がしやすいですが、この想像がもう狭く古い発想なのです。

今は、ダマヌールで最先端の物理学を学んでいる私、実は、中学校3年の時、科学のレポート提出に好きな課題を選べたので、私は「タイムトラベル」について書きました。SF小説が好きで乱読していました。福島正実や星新一のショートショート。あぁ、懐かしい! そのレポートに書いたこと、今でも覚えています。実際にタイムトラベルで過去に行き、自分が生まれる前の父親を殺したら自分はどうなるのかという親殺しのパラドックスが最大の関心事でした。つまり、自分生まれる前の親を殺したら自分もこの世に存在しなくなり、存在しないならタイムトラベルで過去に行くことはできない、というパラドックスです。

さあ、そして、その答えは・・・・

なんと、3月に行なわれた「秘教的物理学の学校第3回 ~時の構造」の中にありました。 「そういうこと?! えっー! なるほど! 」 中学時代の謎が40数年たって解決された記念すべき瞬間でした。

その「秘教的物理学の学校 第4回 ~ タイムトラベル、タイムトラベラーの物語」の開催が近づいてきました。

秘教的物理学は、とても面白いですよ。

物理学が好きなあなた、SFが好きなあなた、いいえ、大嫌いな方、苦手な方も、きっと、目からウロコ、驚きと興奮に満ちた発見ができますよ。  一般常識から抜け出して、神秘の扉を一緒に開けてみませんか?

秘教的物理学の学校 第3回

2014年5月24日(土)25日(日) 両日とも10時~18時 京都 関西セミナーハウスにて。 参加費:40000円

植物の音楽はいかが?

CON TE

北海道では、今まさに、桜が満開とか。日本列島は広いですね~~
さて、毎年、桜の頃になると、植物たちのその素晴らしい生命の営みに感心するとともに、尊敬してしまいます。barame

桜の蕾が膨らみだすやいなや、薔薇や樹木の新芽が顔を出し…菜種梅雨の最中には、一雨ごとにグングンとたくましい明らかな成長ぶりを披露してくれます。shinme
桜の花が満開になると、薔薇の葉もほぼ出揃い、花芽の赤ちゃんが顔を出します。桜が舞い散る頃には、ばらの蕾が膨らみ…バトンタッチ!つるバラに絡ませたクレマチスのツルも勢い満点! カラーリーフの樹々達も続々と芽吹き、日増しに葉っぱが出来上がり、美しい新緑の季節に移ります。5月に入り、街のあちこちに、植物たちの生命の輝きを感じますね。

そこで、「植物のコンサート」のご案内です!
まもなく、吹田で開催される「ダマヌールを知る会」では、植物たちの音楽を鑑賞していただけます。ダマヌールでは、長年、植物たちとのコンタクトはもちろん、植物たちの持つ偉大な力に注目し、研究してきました。その研究成果の一つとして、植物の葉や表面の電磁気の変化をとらえ、それを音に変換する装置をつくりました。この機械を通して奏でられる植物たちの音楽です。
「ダマヌールを知る会」では、植物たちのライブ演奏の様子を、見て、聴いて、いただけます。是非、お越しください。
もちろん、プラノテラピーの体験や、ダマヌールについての体験談や情報をお伝えします。

「ダマヌールを知る会」 5月18日 11時~16時

マクロビオティツクsalon ピノ にて  詳細はこちら