時のチェックメイト

Con voi!

今日は『Le storie di Damanhur / Scacco al Tempo』(ダマヌールの歴史 / 時のチェックメイト)の紹介です。
ダマヌール日本のニューズレター「POPOLO」、ぽぽろの裏に連載中の漫画をご存知ですか?

__
ファルコが生まれて成長し、ダマヌールをつくったその歴史が漫画になっています。実は、ニューズレターのこの漫画の部分を切り取り、冊子にしている隠れたファンもいるんですよ。

例えば、漫画(2)より、ファルコの回想で、「非常事態です! 地球の人類は魂を失う危機に瀕しています。彼らは自らの神聖な起源を忘れ、今や自己中心主義・憎しみ・暴力が地球を支配しています。評議会は意見が割れました」 「計画を提案します。私が救済の使命を負う。…(略)…そこで固有の肉体を持とう」「う~む…現実のプランを分け、既に生じた出来事を取り替える…非常に危険だが、 可能性はある。あなたを支援しよう」
それで、ファルコ(オベルト・アイラウディ)が生まれてきます。

地球の現状と、その先に待ち受けている運命は? 評議会とは?
さぁ、あなたも手に取って読んでくださいね。SF以上の物語が展開しますよ。(TR)

ニューズレターのバックナンバーなどお問い合わせ先 

ダマヌール日本神戸センター

ダマヌール日本支援ネットワーク イピアル

 

イタリア語

CON TE

私、過去生で数カ国後を操るスパイだったのに、今世ではなかなか上達しないイタリア語。でも、学習しながらびっくりすることがたくさんあったんですよ。

その一つ、私が幼い頃に流行っていたポピュラー音楽のサンレモ音楽祭。イタリアで開催されてまいましたが、今の若い方々、ご存知かしら?
可憐なジリオラ・ティンクエッティは大人気。「夢見る想い 」を歌って大流行しました。私も「ノーノーレター、ノーノーレター」って口ずさんでいました。この「ノーノーレター」という歌詞。恋人から手紙が来ないのね。悲しいわね…と勝手に思い込んでいたのですが・・・イタリア語を習い初めてびっくり! レターは手紙ではなかったのです。「letter」でなく「l’età」でした。ノーノーレターは「Non ho l’età」。「età」は「年齢」のこと。イタリア語は「h」は発音しないので、このフレーズは「ノーノーレター」とローマ字式に読みます。意味は「彼の相手として、幼過ぎる」というもの。

ところで、ダマヌールの人たちは、動物名を獲得します。

ダマヌール日本大使の「Fenice」はフェニックス、通訳の「Dugongo」はジュゴンで、ダマヌールの創立者、ファルコは「Falco」、ハヤブサです。
また、ダマヌールを訪問した当初、「あれ?ダマヌールに日本人もいるのかしら?」って思っていました。だって、鳥圭子、黒太郎ってみんなが言うんです。ところが、トリケイコ「Tricheco」 はセイウチ、クロタロ「Crotalo」はガラガラ蛇だったんです。びっくり! でも、私には、鳥圭子、黒太郎にしか聞こえないんですね~。

ということで、思い込みの誤解を解きながら、イタリア語上達への道はまだまだ続きます。

Ci vediamo!

 

古木はウォーターベッド!?

Con  te !
爽やかな空気と風が流れる、最高の貴船散策日和。
活性化のため、貴船神社を訪れました。
本日初めての古樹とのご対面は、欅さんで、樹齢600年!
kyoboku1
凄い!と、その叡智に驚いていたのに…次々と大物登場!古樹とまではいかなくても、その他の樹々も立派な年代物が目立ちました。

相生杉さんは、近づくと・・・そのオーラに入った感覚も解かりました。抱きついた時には、まるでウォーターベッドに埋れてしまったかのようで、時を忘れて暫くそのままジッとしていたかったです。

畏敬の念と溢れる感謝の思いでいっぱいになりました。

ダマヌール日本では、現在、日本全国津々浦々、巨木・古木の活性化を行なっています。是非、あなたがご存じの巨木・古木を教えてくださいね。

巨木を求めて・・・

CON TE

あなたの住む街では、桜はもう咲きましたか?桜は、日本を象徴する美しい木です。

さて、その木。現在、ダマヌールは、世界のあちこちで、‟木の活性化”なるプロジェクトを行なっていることについては、過日、お伝えしました。地球規模の壮大なプロジェクトです。

日本国内でも、北は北海道、南は九州まで、何百という公園、林、森で活性化を行ないました。もちろん、現在進行形です。そこで、今、私たちが計画しているのが、「樹齢500年以上の巨木や巨木のある森の活性化」です。『巨木あるいは巨木のある森』を探しています。もし、そのような場所をご存じでしたら、是非、教えてください。情報をお待ちしています。

なお、この「木の活性化」は、あなたが望めば、ご参加いただくことも可能です。詳細は、お問い合わせください。

「木の活性化」については、ニュースレター「ぽぽろ第27号 特集 植物との交流」(2012年1月発行)で、その活動内容をご紹介しています。是非、をご覧ください。ご希望の方には、バックナンバーをお送りします。

巨木に関する情報、ニュースレターに関する情報、いずれもダマヌール日本までご連絡ください。

ダマヌールはイタリア政府公認コミュニティーの連合体。アトランティスを越えた叡智。ダマヌールで学びませんか?